水分保持力 高め方

お肌の水分保持力の高め方をご紹介。水分保持に欠かせないセラミドをうまく摂り入れれば肌本来のバリア機能を回復させることができます。セラミドとともに具体的な保湿ケアもお伝えしていきます。

水分保持力 高め方 > 肌の水分保持力高め方|セラミドでバリア機能を高めよう!

お肌の水分保持力の高め方をご紹介。水分保持に欠かせないセラミドをうまく摂り入れれば肌本来のバリア機能を回復させることができます。セラミドとともに具体的な保湿ケアもお伝えしていきます。

肌の水分保持力の高め方

お肌の水分保持力の高め方についてお伝えしていきます。肌は自分から保湿物質を作り出しています。その仕組がうまくいっていれば周りの湿度がゼロであっても肌の水分が蒸発してしまうということはありません。

ただし、何らかの影響で保湿物質を作り出せなくなることがあります。保湿物質が作り出せなくなったり量が減少することで肌の水分を保持できなくなることがあります。肌の角質層内で水分を保持しているのは皮脂と天然保湿因子、細胞間脂質がその働きをしています。この3つの成分は互いにバランスをとりつつ潤いをキープしています。これら3つの成分のバランスを整えるのに重要な要素となっているのが細胞間脂質。いわゆるセラミドなのです。

角層の水分保持担当の割合はセラミドが約80%と多くの割合でセラミドがその働きをしているのです。そのために以下にセラミドを補強するか。肌内部のセラミドを守るのかが水分保持力を高めるためのキーになります。

具体的には保湿ケアにおいてセラミドが流出してしまわないようにすること。セラミドが不足するようなら補っていくことなどをして対応する必要があります。肌を洗いすぎたりこすりすぎたりすることが無いよう間違ったスキンケアを正していきましょう。

脱毛に興味がある方へ。こういうサイトもあります → 脱毛器ランキング

セラミドを守るために

セラミドの肌内への保持力を高めるためには以下に挙げる間違ったスキンケアの方法を見直す必要があります。あなたが間違ったスキンケアをしている場合はすぐに正して下さい。

■洗浄力の高いクレンジング
界面活性剤の力をかりてのクレンジングでは油分を浮かせて汚れを洗い流します。ですがこれと一緒にセラミドも洗い流してしまうのであまり洗浄力の高いクレンジングは使わないほうがいいでしょう。市販されている安価なミネラルオイル配合のクレンジングオイルは界面活性剤の含まれる割合が高く刺激が強い傾向にあります。買い替えを検討するかクレンジングをしない日を設けるなどして肌への負担を小さくしていきましょう。

■肌を擦りすぎる
肌を擦りすぎたり強く叩いたりすることは肌への負担を増やし、微弱炎症の原因になってしまいます。コロコロタイプの美顔器やコットンに化粧水を含ませてのパッティングは肌に負担をかけてしまいセラミドの生成に影響を及ぼしてしまいます。

■紫外線の影響
紫外線を浴びることは肌にとって百害あって一利なしです。肌の機能を低下させてしまわないためにも外出する時は紫外線対策をしっかりしましょう。

■睡眠不足
睡眠不足は年齢、体調に関係なく自律神経の働きを阻害してしまいます。新陳代謝も悪くなり結構の悪化もあることからセラミドへの影響も心配されます。肌の乾燥、肌荒れの原因となってしまうこともありますので、睡眠不足には気をつけましょう。